鶏ガラしょうゆの笠岡ラーメン『きたぎ』

スポンサーリンク
広島 食べ歩き・観光

またコロナが広まりだした、今日このごろ。

マツダでも感染者が出たということで、
会社でもいろいろと書くことが増えて大変です。

わたくしは手洗い、手消毒、マスクくらいで、
生活様式をそこまでは変えていません。

というわけで、

広島で「笠岡ラーメン」が食べられるお店、
流川通り沿いにある『きたぎ』の紹介!!

『きたぎ』場所は?

場所:広島市中区流川町(流川通り沿い)
交通:広電電車「胡町」電停下車 徒歩5分
路線バス「銀山町」下車 徒歩8分

お店

▼お店の外観

中華そばきたぎ
中華そば きたぎ

中に入るとカウンター席のみ10席弱と狭いです。

おにいさん2人で切り盛りしていました。

▼メニュー

きたぎ メニュー

厨房上にお品書きがあります。

中華そばミニもあり、軽く〆という方にも対応しています。

中華そば 並

▼中華そば 並(税込 750円)

きたぎ中華そば並
中華そば 並

鶏ガラしょうゆのスープ、
メンマ、青ネギ、鶏チャーシューが乗っています。

笠岡ラーメンのチャーシューは、
豚ではなく鶏を使っています。

鶏チャーシューは固めですが、
噛めば噛むほど味にうま味が増すというスルメ的な感じです。

スープは鶏ガラしょうゆですので東京の中華そばに似ていますが、しょうゆがきつめです。

ほんとにシンプルな、
昔なつかしの中華そばの味です。

尾道ラーメンの背脂抜きのスープにも似ています。
場所が近いからなのでしょうか?

しょうゆが強いので、人によってはしょっぱい、
味が濃いと感じるかもしれません。

▼麺

きたぎ中華そば 麺

麺は中華そばによくある細麺です。

広島風中華そばの麺と一緒です。

まとめ

流川通り沿いにあるだけあって、
中華そば 並750円は致し方ないとおもいますが、
広島にはない、
昔懐かしの濃いめしょうゆ系中華そばです。

中心部であっさり系で〆たいときはミニもありますので、
ピッタリだと思います。

鶏チャーシューの噛めば噛むほど
うまみが増すクセになる味。

青ネギをつかうのは笠岡ラーメンの特徴なのでしょうか。

広島風中華そばに飽きた時は、
きたぎ中華そばを食べるのもいいですね。

きょうもあっさりでほのぼのです。
ありがとうございます。

コメント

  1. GENKI より:

    笠岡ラーメンは個性的で美味しいですね。
    麺が綺麗で美味しそうなのも特徴だと思います。

    • オジさま オジさま より:

      こんばんは、GENKIさん。

      肉に鶏肉を使っているのと、大きめに切った青ネギが特徴で美味しいです。
      何も言わずに、「中華そば」と出されても普通に食べてしまいそうです。

      広島市の繁華街にはあっさり系ラーメンが多いように思います。
      〆のニーズに答えるだけの客層があるのでしょうね。

      コメントありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました