マツダ期間工 有給制度変更

スポンサーリンク
マツダ広島工場 マツダ期間工 会社情報

あれよあれよと11月です。
ブログを久しぶりに書いている@オジさまです。

勤務の方は、
生産調整明けから10月までは忙しく11月はほぼ定時。

Twitterや読書、食べ歩きに観光、
ウォーキングなど、充実した日々を送っております。

今回は、マツダ期間工の有給制度変更の記事です。

有給制度変更の概要

毎年10月11日付与に統一

改正前は本採用になった時に
10日の有給付与でしたが、

改正後は本採用になった時に、
10月11日まで何ヶ月あるかで付与日数が変わってきます。

というのは、

入社半年間で8割以上出勤すると、
有給10日付与という法律があるから。

例)
10月11日以降4月10日までの本採用 ⇒ 10日付与
4月11日以降10月10日までの本採用 ⇒ 付与日数変化(5日~1日)

その後、毎年10月11日に有給付与

1年目の10月11日を迎えた時に、
1年目付与日数の残りが付与されるのかは不明。

なんせ、マツダ期間社員募集がないもんで。(笑)

有給休暇付与日数

1年目:11日
2年目:12日
3年目:14日

と、付与日数が法定日数より増えています。

制度変更による今回特例処置

現マツダ期間社員はどうなるのか?

有給付与が10月11日に統一されるということで、

特例として、
20年10月11日現在の勤務年数に応じた有給付与がありました。

1年目:11日
2年目:12日
3年目:14日

ということは、
フル満了までに付与回数が計4回に増える人が。

例)
・20年11月10日満了の人が1ヶ月前に有給付与
・20年9月11日に有給付与された人が1ヶ月後に有給付与

という、極端な例も。

特に満了前に有給付与された人だと、
有給全消化で満了 vs 現場
で調整が大変なんですよ。

ただでさえ人がいなくてやりくりが大変な状態ですので…。

まとめなど

今回の変更は、期間社員などマツダ非正規直接雇用の有給管理を、
正社員と同じ日に統一して管理しやすいようにとのことでした。

制度変更する時には制度開始日や終了日がありますので、
不利益になる人が出るのは致し方ないかと。

20年11月15日現在、マツダ期間社員募集がありませんので、
実際入社した時にどんな感じになるかはわかりません。

他にも色々とTwitterで情報を流していますので、
見ていただけたらと思います。

きょうもほのぼのです。
ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました