三菱期間工 当時の基準給与!!

スポンサーリンク

※ブログの話は当時のものであり、2018年4月入社者より三菱自動車からの満了金や支給条件、賃金などが変更となりました。

今回のブログでは月給与はさらしません。
また、2018年4月入社者より満了金や契約期間など変更がありましたが、こちらはわからないので書けません。

では、トアル月給与です。
この月は通常出勤20日、日勤夜勤10日ずつの月でしたので、月給与基準ではないかと思います。

時給と勤務時間

当時の時給:1,060円
休出・残業合計時間:61時間(時間外賃金部分)
残業:平日出勤2.25時間、土曜休出2時間のフル残フル休出
定時退社日が月1日

支給

時給 169,600
時間外賃金 86,390
交替制割増金 46,847
総支給 302,837
   
その他課税 27,500
課税対象額計 330,337

総支給が約30万円なので保険・年金・税金・工場食堂を控除されると、計61時間の時間外労働でありながら、

手取り30万円いきません。

ただ、フル残フル休出、月通常出勤日数が22~23日で夜勤が多くなれば、手取り30万円いく月もあると思います。

その他課税とは、寮食事無料の現物課税です。
課税対象額が高くなるのみで、27,500円が給与から引かれるということはありません。

この月は通常出勤20日、日勤夜勤10日ずつでしたので、月20日残業休出なしの場合のだいたいの手取り額が計算できます。
支給金から時間外賃金を引くと、216,447円。
税金・保険・年金控除されると、手取りはだいたい18万円弱となります。
(工場食堂の控除がある方はその分が引かれるので、手取り17万円切るかも?)

残業休出なしで手取り17、8万円をどう取りますか?

三菱自動車と他社で比較した優位点は、

・保険・年金の控除額が低め
・満了金に保険・年金控除がない
・洗濯機が無料
・寮食費が実質無料
・満了金がトヨタ・デンソーと同水準・満了金が満了月の給与と一緒に支給

と、他社と月支給額を争うよりも支出をいかに少なく出来るかがカギです。

マツダは特別手当も慰労金からも別個で保険・年金控除がありましたが、三菱自動車は満了金は退職所得となり保険・年金控除はなく所得税のみの控除となります。

満了金は他社と違って、満了月に貰う給与と一緒に支給されます。
例)8月末満了の場合8月20日の給与と一緒に支給

満了金を満了月の給与で支給すると、満了月の給与後の残り勤務を欠勤して満了するという人も少なからずいるようです。
欠勤すると最後の月給与が少なくなると思うのですが、そこまで考えが回らないくらい嫌だと思われます。

しかし、時間外60時間働いて手取り30万円いかなくてワロタ。
時給が低いぶん仕方がないのですが、組立ラインで毎日2.25時間残業・・・組立でこんなに働いたのは初めてです。

それではまた次回のブログで。
ありがとうございます。

コメント

  1. neo より:

    ブログ復活ありがとうございます。今まで働いた中でどこの期間工が一番良かったですか?(^^)

  2. オジさま より:

    こんばんは。
    どこも一長一短ありましたので、何とも言えないですね。
    仕事の効率や不具合、改善のフォローの良さではトヨタ
    繁華街が近くにあり、仕事は適当なゆるさである程度自由にやらしてもらえたマツダ
    とにかく支出が少なく済み、仕事はゆるい三菱
    東京へ遊びに行けて、社員食堂が安い日野
    北国で寒さの経験と観光で充実の派遣会社時代
    ってところです。
    コメントありがとうございます。

  3. neo より:

    返信ありがとうございます!おじさまがその中で、どこかもう一度行くとしたらどこを選ぶか?が聞いてみたいとかですかね!(^^)

  4. オジさま より:

    おはようございます。
    今は家でのんびりしたり、旅に出たりで過ごしています。
    旅気分で派遣案件で地方に行くのも良いと思っていますね。
    コメントありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました