トアル半導体工場派遣 勤務形態 その1

スポンサーリンク
手取川 半導体工場関連

3交替から4勤2休にシフトチェンジした@オジさまです。

今回の派遣先は自動車系工場とは違い
そこまでの身体の負担はありません。

同じ場所に立ちっぱなしの時間が増えたので、
前回のコマツ期間工よりは足が棒になりますね。

がらりと変わった環境ですので
おもしろくもあり不安もあり…

勤務形態

今回の工場では、
作業習得までは社員と同じシフト、

習得後は4勤2休のシフトに変更となります。

大型連休月以外の月は土日絡めて休みがあり、
シフト勤務の流れで変わりますが、
4日~5日の連休があります。

4直3交替

4班制で3直を勤務する形です。
今回派遣先の社員がこの勤務です。

1勤:日勤
2勤:夕方から深夜
3勤:深夜から朝

24時間絶え間なく設備が稼働している状態。
直間で引き継ぎ時間があります。

順番としては、

1勤 ⇒ 3勤 ⇒ 2勤 ⇒ 1勤 …

の繰り返し。

1勤:5勤1休
1勤週終了後、
次の日休み、その次の日の夜中3勤

3勤:5勤2休
3勤週終了後、
明け休み、その次の日休み、次の日は2勤

2勤:5勤2休
2勤週終了後、
明け休み、次の日休み、次の日は1勤

1勤は実質5勤1休なので、
土日休み基本の5勤2休から休みがづれていきます。
平日休みになることが多くなります。

やってみて思ったことは、

  • 1勤から3勤切り替えが意外とつらい
  • 3勤の夜中出勤がなかなか慣れない
  • 残業休出がゼロ
  • 派遣社員は深夜手当のみなので、
    交替勤務の身体負担の割に給与に反映されない

1勤から3勤切り替えは出勤が夜中なので
起きてからの時間があきすぎて調整が大変でした。

3直2交替 4勤2休

工程作業を習得するとこちらの勤務です。

派遣社員は主にこの形態です。

3班制で日勤4日と夜勤4日を交替で勤務。
12時間拘束の11時間勤務です。

日勤4日 ⇒ 2日休み ⇒
夜勤4日 ⇒ 明休と次の日休み
日勤4日 ⇒ 2日休み ⇒ …

やってみた感想としては、

  • 「4日働けば休み」は気が楽
  • 12時間拘束は長い
  • ローテーション上、休日は平日が多い
  • 勤務日は帰ったらプライベート時間短い

勤務日は帰ると
夜9時(夜勤:朝9時)過ぎるので

風呂・ごはん・歯磨きして寝るような感じです。

以前働いた三菱自動車期間工が
平日フル残でプライベート時間なくてこんな感じだった…。

まとめと感想

4直3交替は交替による身体の負担の割に
金銭的にはメリットがありません。

特に派遣社員は深夜手当のみなので
月シフトで夜勤が少ないと給与にダメージがあります。

残業・休出もゼロなのでなおさらです。

今回の4直3交替は
「5勤2休 土日休み」とは違い

1勤が5勤1休のため休みがずれていくので
平日休みの方が多かったですね。

4勤2休は12時間拘束がデメリットですが、
「4日働けば休み」はおいしいかも。

個人的には平日休みが多いのもメリットです。

給与的にどうなのかは
1ヶ月フルでしてみてからになります。

個人的に一番良いのは夜勤なしなのですが…。

きょうもほのぼのです。
ありがとうございます。

わたくしも以前お世話になった派遣会社の一つです。面倒見はよかったですよ。

高収入期間工探してみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました