製造業派遣工 あるある!?

スポンサーリンク
金沢城公園 雪だるま 半導体工場関連

トアルJR駅で精算するとき
「能美根上」の読み方を聞かれた@オジさまです。
わたくしは最初「のうみねがみ」と読みました。

「四十万」は石川県人以外読めないだろう
というのは置いておいてバシッといきます。

今までは直接雇用期間工が主でしたが、
製造業派遣を久しぶりに利用しています。

あるあるや注意点を
まとめてみましたので参考までに。

期間工・製造業派遣工へ応募

戦いは求人を見るところから始まっています。(笑)

同じ案件を複数掲載

期間工・製造業派遣の求人サイトを見ていると、

ずらーっと続く同じ求人⁈

求人サイトを見ていると募集件数は多いが
派遣先で考えると数は少なかったりします。

掲載料に関係するものなのか
単純接触効果を狙ったものなのか

そこはわかりませんが、
見ている時間がもったいない。

同じ案件が続くと嫌になってきますね。

釣り求人

待遇の良い求人や人気の求人で募集しておいて、
派遣会社との面談時に他の派遣案件を紹介されることがあります。

いわゆる釣り求人です。

製造業派遣の求人は募集枠埋まってても
求人自体はそのまま掲載していたりします。

ちなみに勧められる案件は地雷案件も…。

わたくしも応募求人の募集が埋まったということで、
違う求人案件を勧められたことがあります。(^^;

入社後に他の派遣さんに聞いたら
勧められた案件は見事に地雷でした。(笑)

期間工界隈は2015年あたりから
派遣会社経由で入社したらもらえる
入社祝金が跳ね上がったのですが、

メーカー直接雇用期間工応募したのに
違う案件を勧められたとの証言多数です。(笑)

なにがしソーシングに自動車工場期間工応募したら
アイシンAWすすめられたという話はよく聞きました。

こればかりは応募者の

  • 断る度胸
  • 時間的・経済的余裕
  • 情報弱者

で変わってきます。

その場で流されたり
焦って決めたら負けです。

待遇と控除

求人を見るときは時給や日給に目が行きがちですが、

重要なのは手取り額です。

特別手当○○万円

最近見ていると、

手当○○万円相当

というわかりにくい表現が多いですね。

『寮費無料を手当に含んだ額』
と書いてあったりしますが、
勘違いする人もいるかもしれませんね。

その手当も
決まった期日まで在籍は当然ですが、

  • 出勤率○○%
  • 無遅刻無欠席

など、面談で初めて聞くような
条件がついていることも。

特別手当の回収期間

特別手当○○万円とある場合、

その手当がどのくらいで回収可能か

も重要です。

募集要項には書いていないこともありますが、
1年以内には回収できるところが多い印象。

ただ、某派遣会社での自動車工場派遣は、

全回収までに2年…

でした。

しかも募集要項に書いていないので
問い合わせるか面談で聞くしかありません。

それを聞いて
「ちょっと考えます」
と言って席を立つことができるのか?

まぁいいか。
で決めている人も多そうです…。

期間限定時給

たま~にあるのが期間限定時給。

入社数ヵ月間は時給UP
その後は通常時給

というパターン。
特別手当を時給に上乗せです。

しかし、その後時給が減るというのは
かなり抵抗がありますよね。

人間は増えるより減る方が
心理的ダメージが大きいんすよ。

個人的には抵抗を感じます。

いろいろな控除

時給や日給が良く、寮費無料なのですが…

  • 寮費無料の条件
  • 光熱費
  • 備品レンタル
  • 駐車場代
  • 管理費
  • 退去時費用

を確認しておく必要があります。

わたくしもコマツ期間工の時に、
布団貸し出しがなかったというのは完全な盲点でした。

寮費無料の場合、国のお達しにより、

現物支給

です。

現物支給とは?

早い話が、
支給と控除でプラスマイナスゼロにすることです。

何が悪いのかというと、

支給が増えることにより
税金・健保・年金が上がって手取り額が減ることです。

家賃4万円が現物支給の場合、
年間で48万円税込み年収が増えますので、

手取り額増えないのに取られる額は多くなる。
ぶっちゃけ手取り額減るんですけど…

ここは気にしても仕方ないことなので
あきらめるしかないです。

しいて対策を言うなら、

  • 税込年収が上がった分だけふるさと納税で取り戻す
  • 直接雇用期間工で現物支給を少なく抑える

くらいですね。

派遣先都合で契約終了時

生産数が減って人員削除により
派遣先都合で契約終了することも多い世界。

契約更新有無は終了1ヶ月前までに連絡があります。

もし契約終了の場合、
派遣会社から次の案件の紹介があると思います。

  • 勧められるまま行くのもよし
  • 妥協して行くのもよし
  • 派遣会社との契約終了するのもよし

なのですが、
一つ問題がありまして…

派遣会社の営業所・統括グループとしては同じ所轄で

  • 人員がたりないところ(地雷案件)
  • 大募集中
  • 一押し案件

を勧めてきますし、
そこに異動させたがる場合も。

なので、自分が希望する案件に対して

  • 募集がない
  • 採用条件が…
  • 管轄外なので詳しく見れない
  • 希望先からの返答がない

はぐらかしたり
時間稼ぎしている場合があるかもしれません。

真相はわかりませんが…

こちらとしては、
さっさと選考して結果が知りたいんですよ。

なければ
「はい、次の希望っ!!」
となりますので。

この業界、経済的余裕のない人も多いので、

契約終了で無収入になる焦りを利用して
勧めた案件に決めさせようとしているのでは…

と勘ぐってしまいます。

派遣会社側としては満了されても、

「こちらから勧めたが本人が断った」

という言い分が成り立ちますので、
派遣会社としては大義名分が成り立って
問題はないわけですよ。

足元を見られないようにするためにも、

  • フ○○ク・ユー・マネー
  • バカ野郎マネー
  • 生活防衛資金

は絶対に貯めておきましょう!!

まとめと感想

期間工・製造業派遣など非正規雇用であれば
契約打ち切りはよく起こります。

フル満了まで契約があるとは考えない方がいいですね。

非正規雇用のなかでも給与水準が高いので、
突然契約が終了したときのためにも

かね、カネ、金

は1つの防衛手段となります。

リーマンショック時に派遣切り後の案件で
控除されると手取り数万円のところもあったそうです。

これではお金をためて脱出することも不可能。
まさに派遣アリ地獄です。

一番いいのは
こちらの世界には来ないことですが…(^^;

きょうもほのぼのです。
ありがとうございます。

わたくしも以前お世話になった派遣会社の一つ

それでも製造業派遣工やってみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました