コマツ製作所期間工 入社まで

スポンサーリンク
小松空港へ コマツ製作所 期間工日記

では、前回の続きを。

コマツ製作所株式会社 粟津工場

その後のやりとり

メールアドレスを履歴書に書いていたので、
それを元にコマツ製作所と直接やりとりする形になります。

メールでやり取りする内容としては、

  • 社員証の写真
  • 作業着上下と安全靴のサイズ
  • 赴任先の寮案内
  • 血液型

社員証の写真は新たに作るのも面倒なので、
スマホで履歴書の写真を撮って送りました。(笑)

赴任先の寮は民間の借上げ寮で、
会社から徒歩10分圏内で車の持ち込みも可。
駐車場代は別途かかります。

作業服や安全靴のサイズは
今まで着ていたサイズで申し込めば合うと思います。

あえて言うと、ズボンの股下が少し長かったくらい。

入社資料

採用通知からさらに1週間。
求人申し込みからだと3週間。

簡易書留で入社資料が届きました。

借上げ寮のカギと
詳しい資料も同封されていました。

入社に必要な資料は
他社期間工入社と変わらないです。

書く、印鑑、コピー、写真のみで終了
するかと思います。

ただ、いくつか問題が…。

スポンサーリンク

連帯保証人

連帯保証人が必要です。

自分の住所・氏名・住所と印鑑の他に
保証人にも同じことを書いてもらう必要があります。

親類が遠くだとやりとりに
時間がかかることもあるかと。

その場合、入社後に提出でも大丈夫です。

わたくしも入社後に提出です。

雇入れ時 健康診断

コマツでは雇入れ時検診は
自分でするようになります。
もちろん会社負担です。

ただ、ここで問題が。

健康診断の項目が雇入れ時検診にしては
?な部分が。

40歳以上は胃バリウムと検便あり

これって雇入れ検診でしたことないんだけど…。

両方検査できる医療機関を探して予約し
診断書受け取っていると入社日に間に合いません。

「こちらも入社後でもいい」

ということで
入社後に健康診断行って提出します。

スポンサーリンク

借上げ寮のライフラインと布団購入

光熱費は自己負担なので、
自分で赴任先のライフラインの契約。

電気と水道は電話のみで完結。
ガスは電話して入寮日に立ち会い。

すでにカギは受け取っているので
いつでも入寮可能です。

そして入寮すると、

布団がない!!

という事で、派遣会社に電話。

応募後の説明時に
担当が言い忘れていたようで、
寝るふとんがありません。

ブツブツ言っても仕方ないので、
小松駅近くのニトリでふとんを購入しました。

車がないので行き帰りや持ち運びに
苦労しました。(T_T)

JR粟津駅までの行き方

コマツ製作所 粟津工場と借上げ寮がある
粟津駅というところは、

東京からなら北陸新幹線、
名古屋・大阪からなら在来線特急で来るようになるかと。

ただ、粟津駅は、

在来線特急停車駅ではありません。

特急最寄りの停車駅である、
小松駅か加賀温泉駅のどちらかで
普通電車に乗り換えないといけないんですよ。

ただ、普通電車はほぼ1時間に1本。
特に大阪・名古屋方面からは、
乗換駅を慎重に選ばないとかなり待たされたりします。

在来線特急って乗車経験ほとんどなかったので、
ちょっと嬉しかったりしました。

布団がないなどバタバタ感ありましたが、
何とか資料を作って荷物を送っての赴任となりました。

きょうもほのぼのです。
ありがとうございます。

コメント

  1. ゆう より:

    採用されたら、期間工に入社承知書はあるんでしょうか?

    • オジさま オジさま より:

      ゆうさん、こんばんは。
      入社承知書というのは入社承諾書のことでしょうか。
      そういうのはなかったですね。
      コメントありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました